初のUAE!エミレーツ航空成田→ドバイ線(EK319便)搭乗記

今回は生産中止が決まったエアバスA380に搭乗です。

初のエミレーツ航空で初の中東ドバイへ成田空港から搭乗しました。

さすがA380ですね。入口からでかい気がします。

どかーんと無駄に広いような気がします・・・。^^

今回は有料でしたが深夜便でしたのでEXIT LOW(足元の広い非常口席)をゲットしました!

エコノミーですがアメニティがもらえます。

ペイズリー柄に似た感じの中東っぽいデザインですね。

中身は耳栓、歯ブラシ、アイマスク、要求を伝えるポストイットみたいなシールが入ってました。エコノミークラスなのになかなか手厚いサービスですね。

22時過ぎのフライトだったのに夕食がちゃんと出ました。

遅いよ〜!成田空港でラーメン食べてきちゃったじゃん!と思いながら美味しく頂きました。

ちなみになぜかハンバーグと炒飯という組み合わせ・・・。こだわりはないようです!^^

東京→ドバイは12時間もかかる意外に長いフライトです。

機内では先日投稿した私によって駄作だったボヘミアン・ラプソティを再度観ました。今度は日本語吹き替え版でした。英語の字幕版と日本語吹き替え版だと内容も若干違ってました。日本語吹き替え版の方が細かいニュアンスは理解しやすいと思いましたが、英語で字幕版の方が抜けてなくて原盤という印象がありました。

エミレーツ航空の機内プログラムは「ice」っていうシステムを導入していて、エンターテイメントプログラムは充実してます。

ちゃんとQueenの音楽も沢山入ってたのでボヘミアンラプソティも聴きましたよ〜。

映画は駄作だと思いましたが、Queenの音楽は結構耳に残ってしまい、特にボヘミアンラプソディーは良い印象を持って聴くようになりました。映画の力は凄いですね!^^

朝食が出ましたが胃がモタれてたのでさらっと頂き、あっという間にペルシャ湾上空に到着。

ついにUAE(ドバイ)に上陸!

「Welcome to Dubai International」の表示が!

ブログのランキングに参加しています。バナーのクリックにご協力下さい! にほんブログ村 旅行ブログへ

Follow me!

初のUAE!エミレーツ航空成田→ドバイ線(EK319便)搭乗記” に対して1件のコメントがあります。

  1. 芳賀 より:

    こんにちは、いつも楽しくブログ拝見しています。
    私は関東の歯学部に通う来年度6年生の学生です。

    私も先生のように、日本一周や世界一周をしたいと考えております。
    学生中の休暇を利用して、何度か一人旅をしていたのですが
    国家試験を目前にして、無事合格し研修医になり仕事がなかなかやめられなくなる状況の前に
    やりたいことをやるべきなのか
    最終学年目前にして非常に悩んでいます。 
    先生は何か学生の頃旅についての目標などあったのでしょうか?
    良ければお聞きしたいなと思います。突然のコメント失礼いたしました。

    1. duke より:

      はじめまして。コメントありがとうございます。
      内容確認致しました。若い時は時間はあってもお金や経験がなかったり、逆に年をとるとお金はあっても時間がないという状況に陥ります。
      なかなか難しいですね。

      実は若い頃の私は旅行に関して全くのど素人でして、サーフィンをしていたので全国をサーフトリップくらいはしていましたが、お金がなくてバイトに明け暮れていた学生生活でした。
      海外旅行は30超えてから初めての経験でした。
      今思うと、時間がある時に色々と海外に行っておけば良かったと思うのと、もっと英語を勉強しておくべきだったと後悔しています。

      もし、自分が先生の立場でしたら英語をブラッシュアップすると思います。
      また、それぞれの家庭で諸事情あるとは思いますが、費用の面で余裕があればアメリカの大学院の専門医プログラムなどに留学を検討すると思います。

      旅行という意味では、若いうちは直行便で行けるところよりも南米やアフリカのような簡単に行けない場所から攻めていくと思います。
      正直働いてからでもお金と時間はある程度コントロールすればアメリカ、ヨーロッパのベタな観光地はいつでも行けます。
      若い頃でないと難しい経験をされた方が良いと思います。
      野宿とかバックパッカー的な。

      答えになっているでしょうか?
      取り急ぎお返事させて頂きます。
      引き続き宜しくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください