デスパシートを歌うため!のスペイン語レッスン3回目

スペイン語レッスン

「デスパシートをサラッと歌うぞ〜!!!」

ってノリで最近私はスペイン語を習い始めました。

実は世界一周とか色々と海外旅行をしていると実はスペイン語を使っている国って結構多いって事に気づいて興味を持っていたのと、Luis FonsiとDaddy Yankeeのデスパシートをスペイン語で歌ってみたいと何となく思ってしまったので・・・。

 

<今まで行った事のあるスペイン語の国>

チリ(イースター島)、ペルー(マチュピチュ、イカ、クスコ、リマ)、メキシコ(メキシコシティ、カンクン)、スペイン(ラ・リネア)、キューバ(ハバナ)

 

スペイン語レッスン

今日は横浜で90分のスペイン語レッスンでした。

横浜ではペルーと日本とのハーフの先生がとても優しく教えてくれます。

 

 

スペイン語の本

前回、顔合わせのトライアルでしたが、今日は先生が持ってきた具体的なテキストを使用した実際のレッスン開始でした。

色々と飽きないように、難しいけど嫌いにならないよう親身に考えてくれて良い先生で一安心。

 

TSUTAYAでスペイン語の本を購入

早速、家に帰る途中のTSUTAYAに寄って購入しました!

気合いだー!!!

デスパシートをサラッと歌うぞ〜!!!^^

 

今回のレッスンは90分でしたが、最初の60分は文法など一般的なレッスンで、後半の30分は実際にデスパシートの歌詞で勉強しました。超〜、気が利いて良い先生です。楽しくないと勉強出来ませんから!^^

って事で今日のデスパシートの内容

「Sí, sabes que ya llevo un rato mirándote

Tengo que bailar contigo hoy」

 

Sí, sabes que ya llevo un rato mirándote

・Síは「もし〜なら」 の意味

・sabes 「知る」「わかる」の意味

・sabesの前にTu(あなたの意味)が隠れている(省略されている)

・queは「〜という事を」と後の文章を動詞にかかるようにつなぐ言葉

・yaは「もう」「すでに」

・llevoは動詞llevarの変化したもので「持っている・身につける」の意味

・un ratoは「時間的な少し」の意味(ちなみにun pocoだと量的な少し)

・mirandoteは「あなたを見ている」の意味(動詞mirarと進行形を表すndo、あなたを表すteの組み合わせ)

→以上から「もし僕が君をちょっと見ていることに気づいているなら」という意味あいになるらしいです。

 

Tengo que bailar contigo hoy

・Tengoは動詞tenerの変化したもので「持つ」の意味

・tengo queで〜しなければならない

・bailarは動詞で「踊る」の意味

・contigoは「あなたと一緒」の意味で、conから出来ている言葉でcontigoだと「あなたと」の意味、conmigoだと「私と」の意味

・hoyは「今日」の意味(hは発音しない)

→以上から「今日、君と踊らなければならない」という意味あいになるとの事。

 

<その他付随事項>

・hoyは今日ですが、明日はmanana、昨日はayer

・tengo un libro「本を持っている」の意味 (libroは本の意味)

・ちなみに実際の歌ではこのhoyの後に「デュワ!」って言うのですが、先生曰く「DY!」ではないか?との事でした。スペイン語の歌って歌手の名前を歌に入れる事が多く、デスパシートはDaddy Yankeeが絡むので頭文字のDYかもしれないと・・・。

おー、深い!^^

てっきりデュワ!ってノリかと思ってました。

 

スペイン語って感覚的でわかりづらく、先生も色々と想像しながら考える必要があり、ちょっとした一文ですが訳すのに大変みたいです。

 

ブログのランキングに参加しています。下のバナーのクリックにご協力下さい!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ ライフスタイル情報へ
にほんブログ村

別ですが、他のブログのランキングに参加しています。下のバナーのクリックにご協力下さい!

さらにこちらも・・・。^^
人気ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.