イグアスの滝の初日はブラジル側でした!

イグアス空港で降機直後

イグアス空港で降機直後

今回の移動はアルゼンチン航空(ホルヘ・ニューベリー空港→フォス・ド・イグアス空港)AR1904便でした。

機体はB737-800でブエノスアイレスの空港からブラジル側のイグアスの空港(フォス・ド・イグアス空港)に到着しました。

 

フォス・ド・イグアス空港のロビー内

到着したロビー内です。早速トイレを探しに・・・。^^

 

ブラジル側のイグアス空港出口

空港からの出口です。ここからタクシーに乗る事が出来ます。

今回はツアー会社にイグアスの滝のプランを依頼しておいたので専用車が待っててくれました。

 

イグアス国立公園の入場ゲート

空港からそのまま専用車でイグアス国立公園(ブラジル側)の入場ゲートへ移動しました。ここで名前などの情報を厳重にチェックされます。

 

イグアスの滝の公園入口

今回のルートは国立公園内にあるホテルに宿泊する人のルートのようで、公園内に宿泊しないのであれば隣の道路を通るとの事でした。

 

公園では必要書類が沢山ある。

パスポート番号や名前などブラジル側の公園内のホテルに宿泊する人は全て登録してあるらしいです。

ガイドさんがリストを提出していたようです。

それだけ世界遺産として国によってきちんと管理されているそうです。

 

ジャガー注意!

なんかガイドさん曰く・・・。

クマではないですが、ジャガーが出る事があるみたいです。

注意するようにとの事です。

「ジャガー横田じゃないよな?」って私たちは親父ギャグを飛ばしてました・・・。^^

 

国立公園の中のルール

旅行会社の車はノロノロ運転するらしいです。

理由はGPSで速度をコントロールされているとの事です。

世界遺産になってから厳しくなったらしいですが、急に飛び出してきた動物を守る意味とか色々とあるようです。

 

ブラジル側からのイグアスの滝

ブラジル側のスタート地点に到着。

ブラジル側の公園内唯一のホテル前ですが、人が集まって写真撮ってます。

 

車に荷物を置いて滝の見学

荷物は車に置いておき、徒歩で歩いてブラジル側をトレッキングです。

まあ、そんな大変ではなかったです。

 

ブラジル側からのイグアスの滝

ホテルの所からはこんな感じでした!

 

88の蝶々

88の模様の蝶々です。実は滝と同様にかなり感動しました!

 

ブラジル側からのイグアスの滝

壮大です!!!

 

イグアスの滝に沢山生息しているハナグマ

うじゃうじゃ生息しているハナグマさんです。

 

ブラジル側からイグアスの滝全景

桟橋がかかっていて沢山の人が歩いてます。

この時点では「あそこまで行くのか〜!」ってワクワクする気持ちです。

 

 

今回は時間がなかったのでブラジル側のボートツアーに参加しました!

滝壺ボートツアーのクライマックス

滝壺に突入直前です。この時点でカメラは濡れるからビニール袋に入れるように言われました。

 

ブラジル側ボートツアー

いやー・・・。ヤバすぎでした・・・。^^

 

ずぶ濡れのパンツ

ずぶ濡れのズボンです・・・。^^

 

持参したビニール袋

持参したビニール袋です。この中にiphoneを入れて口をぎゅっと握っていたので何とか助かりました。

写真を撮りたければ防水カメラ必須です。今回は私がナメてました・・・。^^

 

ライフベストを回収

ライフベストを回収して終了!

 

ボート乗り場のケーブルカー

ボート乗り場にあるケーブルカーです。

アルゼンチン側の方が凄いとの情報でしたが、十分過ぎるほど楽しめました。

 

満月の夜のイグアスの滝

ここからは、フルムーンツアー(満月の光でイグアスの滝を見るツアー)で撮影したイグアスの滝です。

私のヘナチョコiphoneでは綺麗に撮れず、相方の高性能なカメラで撮ったものです。

20:20に1階のロビーに集合して皆で懐中伝統を持って歩いていきました。

 

イグアスの滝でフルムーンツアー

いやー、幻想的ですよね・・・。

 

1日目のイグアスの滝のアクテビティは最高で、大満足でした。

明日アルゼンチン側ですので色々と別に楽しみです。

 

ブログのランキングに参加しています。下のバナーのクリックにご協力下さい!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

別ですが、他のブログのランキングに参加しています。下のバナーのクリックにご協力下さい!

さらにこちらも・・・。^^
人気ブログランキングへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA